考えるお母さん**大学受験を見守る         

塾なしで大学受験まできた子の日々や過去をふりかえるお話

塾に行かずに受験させようと最終的に決めた理由

受験のことばかり考えているとつい忘れてしまうのですが、中学の卒業式まであと2ヶ月ちょっとなんですよね。

最後の模試、出願、私立の受験、発表、公立の受験、学校のあれこれ行事、公立の発表、卒業式、これからの2ヶ月は怒涛の日々だなと思います。

 

子どもはとても落ち着いていて、相変わらずのマイペースで勉強をしてます。

今は、ほぼ社会に時間を使っているようです。

 

心配なのはコロナですが、元気に当日試験が受けられるように、今はただただそれを願っています。

 

実は、子どもはPCR検査を受けたことがあります。

もうかなり前の話ですが。同じクラスの子が陽性になりました。もちろん学校側は誰が感染したとは言いませんが、クラスで1人だけ欠席していたので嫌でもわかってしまいます。

その子は子どもの斜め前の席でした。欠席前日には、会話もしてたようです。

 

当初は校内関係者に陽性者が出たという手紙だけ持って帰宅してきたので、大変だね、生徒かな?なんて呑気な話をしてたのですが。なんとなく気になって、クラスで休んでいる子いないよね?と聞いたら、3日連続で休んでる子がいるよと。

更に、「学校バタバタしてた?」と聞いたら、担任が放送で呼び出されてたと言うので、急に嫌な予感がしました。

このまま学校から電話かかってこないでくれと祈っていたのに、夜遅くに電話がかかってきて、翌日休校になっている校内でPCR検査を受けました。

 

結果から言うと全員陰性でした。おそらく検査を受けたのはクラス全員(検査場に名簿があったそうです)、先生はどれぐらい受けたのかは分からず。

とにかくなにもかもが秘密、秘密。検査を受けてくださいと言われても、何も情報はくれない、もちろん感染者が誰かも明かさない。そして箝口令も敷かれました。

 

結果もいつ出るのか、どんな形で連絡がくるのかもわからず、そもそも陰性の場合連絡がくるのかどうかも不明。学校も全て保健所の指示なのでわからないと言うばかり。

結局、結果は2日後に学校からの全校生徒に向けた一斉メールで(学校関係者に陽性者なし)を知ることになりました。(その後、学校からも個人的に連絡はありました)

 

当初は濃厚接触者だから検査を受けてくださいと電話で言われてたのですが、この結果が出た時には一斉メールに濃厚接触者は誰もいませんでした、に変わっていて、子どもは濃厚接触者では無かったらしいです。(この事については特に説明なし)

 

突然、なにもわからず渦中に放り込まれた3日間を過ごしました。結果が出るまでは本当に怖かったです。

ちなみにこの間、子どもも家族も特に行動制限は言われてませんでした。まぁそうは言っても外出などはしませんでしたが。夫の会社は、家族がPCR検査を受けた場合、結果が出るまでは出社停止の規定だったのですが、たまたま休日やテレワークの日と重なっていたため、 影響なく過ごせました。

 

学校はすぐに再開となりましたが、陽性者の子が通っていた塾はしばらくお休みになっていたそうです。そのお子さんは1週間ちょっとで学校に復帰したそうですが、何かを言われるようなことなく、クラスも学校も何事もなかったかのように日常に戻ったようです。

 

実はこの事が、もうこのまま塾には行かずに受験させようと、私の心がはっきりと決まった出来事でした。

秋から難関校、志望校別の対策講座にまだ滑り込めるものがあって、ギリギリまで悩んでいました。週末だけの講座だったので、子どものペースも崩さず通えるかな、どうしよう、このまま塾を使わなくて本当に大丈夫なのか?塾という相談できる場所を作っておいた方がいいんじゃないかな?そんな風に思ってました。

 

でもちょうど迷っていた時に、学校でこのコロナ騒ぎが起こり今の世の中の現状を目の当たりにしました。そして自分自身がどんなに気をつけても、本人が感染していなくても近い場所にいたというだけで、その時の状況次第では簡単に影響を受けてしまうことの怖さも痛感しました。

あのぞっとするような3日間をまた経験するのは嫌だと思いました。秋口ならまだしも、受験が近づく時期ならなおさら怖い。

自分の安心のために通わせるよりも、コロナのリスクを1つでも減らしたい、それが私の決断でした。

 

これから受験までどんなことがあるかわかりませんが、気を引き締めて残りの時間を過ごそうと思ってます。また、全国のあらゆる受験生の子がコロナなんかに邪魔されずに当日を迎えられるように願っています。

 

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村