私立高校の受験結果

 

微妙な時期なのでなかなか書くネタが無かったのですが、今日は私立高校の結果の話をしようと思います。

 

本命は公立高校なので、私立は滑り止めの高校になります。

 

 

結果は、合格です。

 

試験結果でコースが判定されるのですが、希望通りの特進コースで合格がもらえました。

ただ狙っていた特待生はダメでした。

 

過去問を解いていた時には特待基準を超えていたので、ギリギリいけるかもと期待していたのですが、終わって帰ってきた時に「去年までとは出題傾向が違ってた。特待までは点が取れたかどうかはビミョー」と言ってたので、期待半分諦め半分で結果を待ちました。

結構太っ腹な特待条件だったので、これが取れてるとお金を出す親としてはだいぶ気が楽になれたのですが、「ここは退路を絶たれたつもりで公立頑張れ」ということだと解釈しました。

 

コースに関して言えば、特進は取れるだろうと思ってその高校を選んだのですが、最終的な判断は入試の点数で決まることになっていたので、やっぱり緊張感がありました。

その私立は、進学コースで入学すると卒業するまで進学コースで、途中で特進コースに上がるチャンスのない学校です。特進と進学コースでは偏差値の差が5ぐらいあります。

正直なところ、進学コースだとそこまで魅力がなくなってしまう学校で、コース分けのない別の私立の方が良かったのにという気持ちになるところでした。だから是が非でも特進の合格が欲しかったです。 

 

子どもの方も特進合格でホッとしたようですが、それ以上はあまり興味が無い様子でした。本命校と併願校への熱量が全く違いますね。

理想は魅力的な併願私立なんですが、なかなかそういう風に思える学校がなかったのでしょうがないかな。私も同じような感じなので。

 

とりあえずひとつ合格もらえて気持ちが落ち着きました。

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村