考えるお母さん**大学受験を見守る         

塾なしで大学受験まできた子の日々や過去をふりかえるお話

年末

2023年も最後の日、大晦日となりました。

 

年が明けると、いよいよ共通テストとなります。

 

最近の子どもはというと受験生にしてはのんびりしてるような気がしますが、それでも毎日を機嫌良く過ごせているようなので、まぁそれでいいんじゃないかと。

秋のプレッシャーで苦しかった時期を超えて開き直ってきました。

久しぶりに「勉強が楽しい」という言葉も口にするようになりました。

 

思えば小さい時から「おべんきょうがたのしい」と言う子でした。

子どもが楽しそうにしているのがうれしくて、もっともっと楽しそうな顔がみたくて、ずっと側でその手伝いをしてきた気がします。

だから、子どもから「楽しい」という言葉聞けると本当にうれしい。

 

高校受験に引き続き、大学受験も塾なし予備校なしで挑むことになりましたが、今振り返ってみれば子どもらしい選択だったなと思います。

ここまで頑張ってきた子どもを褒めてやりたいですが、それはもう少し先にして。

あと少し、子どもと一緒にハラハラドキドキしようと思います。

 

今年1年、お付き合い頂きありがとうございます。

来年、このブログがどんな方向へ向かうのかわかりませんが、子どもともども応援していただけたらありがたいです。

来年もよろしくお願いします。

 

 

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ